sekaya014-05

九重夢大吊橋

日本一高く長い歩行者専用橋 九重夢大吊橋(ここのえゆめおおつりはし)は、大分県玖珠郡九重町にある歩行者専用の吊り橋です。 高さ173m(水面より)、長さ390mで、歩行者専用橋としては日本一の高さと長さを誇っています。 九重夢なら1800人乗っても大丈夫 幅員は1.5mで、大人1800人の荷重に耐えるように設計されています。 中央部の床版はすのこ状のグレーチングになっていて、下を見ることができます。 怖いです。 夢見る若造の発想から誕生した大吊橋 夢大吊橋を作ることになった発端は、一人の夢見る若造の発想からでした。 1956年7月地元商店会の会員ながら若造だった時松又夫が「谷に橋をかけりゃ滝も…

sekasya007-01

宇佐神宮

日本三大八幡宮の1つ。通称は宇佐八幡宮 4万社ある八幡さまの総本宮 大分県北部、国東半島付け根に立つ御許山(標高647m)山麓に鎮座する宇佐神宮。 全国約11万の神社のうち、八幡さまが最も多く、4万600社あまりのお社(やしろ)があります。 宇佐神宮は4万社あまりある八幡さまの総本宮です。 宇佐神宮の創建 御祭神である八幡大神さまは応神天皇のご神霊で、571年(欽明天皇の時代)に初めて宇佐の地に ご示顕になったといわれます。応神天皇は大陸の文化と産業を輸入し、新しい国づくりをされた方です。 725年(神亀2年)、現在の地に御殿を造立し、八幡神をお祀りされました。 これが宇佐神宮の創建です。 日…

sekasya015-03

中津城

黒田孝高(如水)が築城し、細川忠興が完成せた歴史ある中津城 中津城(なかつじょう)は、豊前国中津(現在の大分県中津市二ノ丁)にあった城。 黒田孝高(如水)が築城し、細川忠興が完成させた。中津藩の藩庁が置かれた。 周防灘(豊前海)に臨む中津川(山国川の派川)河口の地に築城された梯郭式の平城である。 堀には海水が引き込まれているため、水城ともされ、今治城・高松城と並ぶ日本三大水城の一つに数えられる。 本丸を中心として、北に二の丸、南に三ノ丸があり、全体ではほぼ直角三角形をなしていたため扇形に例えて「扇城(せんじょう)」とも呼ばれていた。 中津城に残る黒田孝高(如水)が普請した石垣は、天正16年(1…